注意!乾燥肌はニキビの原因

ニキビの原因が乾燥による影響の場合、まず取り組む必要があるのが、保湿ケアです。

 

保湿効果の高い化粧水でしっかりとパッティングし、すぐに乳液かクリームで水分の蒸発を防ぎます。
使用するスキンケア化粧品は低刺激のもので、色々と多くの種類を使わずにニキビケアに適したスキンケア化粧品を選ぶのがおすすめです。

 

保湿をしっかりと行うことで、水分と油分のバランスが取れ、乾燥による毛穴の開きを抑えるのにも働き、外部からの刺激にも強い肌を目指せます。

 

ニキビが出来やすいのは脂性肌?乾燥肌?

脂性肌はニキビができやすいというイメージが持たれていますが、実は乾燥肌の人もニキビができやすいと言われています。
例えば、ニキビができる原因の一つとして、過剰に分泌された皮脂が汗やファンデーションなどと混ざって毛穴を詰まらせ、そこで雑菌が繁殖するというのがあります。

 

「過剰に分泌された皮脂」というと脂性肌の人に当てはまることだと思われがちです。
ですが、乾燥肌の人は角質層が水分を保持できないため、肌が自分自身を守ろうと皮脂を多く出している場合があります。

 

乾燥の原因となるのは、ケミカルコスメの長期使用や必要以上の潤いを洗い流してしまっているため、肌バリアが弱ったり壊れたりと、正常な働きができない状態になっているからです。

 

保湿ケアで隠れ乾燥対策

肌が常にテカリを持ちベタベタしているので、自分は脂性肌だと思い込んでいても、実は乾燥肌からくる皮脂の過剰分泌かもしれません。
脂性肌のスキンケアを実践していても効果が現れない場合は、もう一度自分の肌を見つめ直す必要があるといえます。

 

NOV

 

NOV