ニキビに膿がたまる原因

ニキビは症状が悪化すると赤く腫れ上がるようになりますが、さらに重症化すると患部の皮膚がかたくなって、膿がたまる場合もあります。

 

この原因はニキビの原因とされているアクネ菌の性質によるものといわれています。
毛穴の奥は皮脂が溜まりやすい場所であり、皮脂を栄養源としているアクネ菌にとっては活動に最適な場所となります。

 

毛穴の奥でアクネ菌の繁殖が進むと、身体の免疫反応により白血球がアクネ菌を攻撃し始めます。
毛穴が赤く炎症を起こすのは、毛穴の内部のこうした動きによるものです。

 

ニキビの症状としてはこの段階で重症度が高い状態であり、スキンケアをしても短期間では改善されない場合が多いです。
毛穴の炎症を放置すると更に症状がすすみ、やがて毛穴が破れて膿が外に出てきます。

 

ニキビが膿んでしまうとニキビ跡として残る場合も

ニキビに膿が溜まってしまうと、毛穴やその周辺の組織の損傷が進んだ状態となり、スキンケアだけでは解消するのが難しくなってしまいます。

 

また、患部が跡になって残る可能性が非常に高くなります。

 

ニキビに膿が溜まってしまうほど重症化してしまったら

膿がたまるほどにニキビの症状が進んだ場合のケア方法は、まず最初に患部を沈静化させることが第一です。
患部を沈静化させるのに最良の方法は、患部に効く外用薬を塗布するとき以外は触れないようにすることです。

 

この場合には、まず皮膚科での診察を受け、炎症を抑える、原因菌の殺菌といった治療を受けることから始める必要があります。

 

スキンケア化粧品などのニキビケアは患部が沈静化した後、専用の化粧水や美容液を使用したり、洗顔や保湿をするなどして、肌を清潔な状態に保つことが基本です。

 

スキンケアを見直すことでニキビの悪化を予防する

膿んでしまうようなニキビを作らないための予防は日々のスキンケアを見直すことも必要です。
例えば、使用している洗顔の洗浄力が強すぎる、化粧水や保湿クリームが肌に負担となっている場合など、通常のスキンケア化粧品だとニキビに負担をかけてしまっている場合もありますので、ニキビができやすいという方は、まずニキビケアに適したスキンケア化粧品を取り入れて、肌を本来のバランスに戻すケアを行うことが勧められています。

 

ニキビ予防にスキンケアを見直したい方におすすめの「NOV」

NOV

 

NOV

関連ページ

ニキビの原因菌退治に効果的なスキンケア方法
ニキビ原因菌退治にはルナメアACを使用するのが効果的なスキンケア方法です。FUJIFUILMが開発したニキビに効果的な新成分から作られているニキビ専用のスキンケア用品で、お試しケアキットもあります。原因菌となるアクネ菌に効果的な成分が配合されているケア用品で、ライン使いできるので効果を実感しやすいでしょう。
原因不明のニキビをケアする方法
原因不明なニキビは悪化させないためにも美容皮膚科がおすすめです。セルフケアでは悪化させてしまう可能性もあるので、しっかりと専門医に診てもらうことが大事です。ニキビや肌のことなら、シロノクリニックがおすすめです。カウンセリングはWEB予約することで無料で受けられるので、初回でも安心して診察してもらうことができるでしょう。