鼻ニキビの原因

ニキビは、原因もできる場所も人それぞれですが、鼻ニキビはふと気づくとできてしまっているという人も多いかもしれません。
なぜなら、鼻を含めTゾーン周辺は、最も皮脂の分泌量が多い場所だからです。

 

さらにメイク落としの際にしっかりと落とせていない小鼻周りは汚れが詰まりやすく赤ニキビができやすい箇所だと言えます。

 

クレンジングを見直す

鼻ニキビのケアは洗顔が大切ですが、その前のクレンジングにも注意が必要です。

 

鼻周りは毛穴の開きや黒ずみが気になっている方が多く、化粧下地やファンデーションを重ねている方が多い分、毛穴を塞いでしまいやすいです。
クレンジングの際もしっかりと落とせていない場合が多く、化粧残りや皮脂汚れの影響を受けやすくなります。

 

鼻ニキビのケア方法

クレンジング

クレンジングの際にはTゾーンと共にしっかりと泡やジェルといったクレンジング剤で浮かび上がらせて落とすことが大切で、指で擦りつけて毛穴に汚れを押しこまないようにすることが大切です。

 

洗顔

洗顔では肌の汚れをしっかりと落とすことが基本ですので、あまり様々なオイルを含み、たくさんの効能をうたった洗顔料よりもシンプルな原料の洗顔料を選ぶのもおすすめです。

 

特に洗顔は成分の内容も大切ですが、しっかりと泡で洗うということが大切で洗浄成分を活かして洗う意識がクレンジングと同様に重要なポイントになってきます。

 

泡立てネットは安くておすすめ

泡立てネットを利用すれば、少しの水を加えるだけで、簡単にふわふわの泡が誰でも簡単に作ることができます。たくさんの泡で優しく洗いましょう。
そしてよくすすいだ後、しっかりと保湿ケアを行いましょう。

 

鼻ニキビが気になる肌のお手入れにおすすめの化粧水「健肌の源」

ニキビはアクネ菌といったニキビ原因菌が悪影響を与え、症状を悪化させてしまっていますが、肌がみずからの力で健康な状態になろうとする、ターンオーバーを促進することで、肌全体の健康度を上げ、ニキビ肌の健全化に繋げることがポイントです。

 

健肌の源のニキビケアのW処方

健肌の源なら、肌のターンオーバーを促すビタミンC誘導体とニキビケアにおすすめの成分ビタミンE誘導体を独自のバランスで配合、製薬会社との共同開発によって、肌への負担を減らしてニキビケアに取り組める薬用化粧水となっています。

 

過剰な油分は禁物ですが、乾燥もまたニキビには禁物ですから、正しいケア方法で、肌の油分と水分のバランスを正常な状態にすることで、ニキビのできにくい肌に導くことができます。

 


関連ページ

おでこニキビ
おでこニキビは髪の毛や汗が原因となることが多いです。洗顔だけでなく、洗髪の際のシャンプーの影響もあり、洗浄成分が残らないようにすすぐこと、入浴後のタオルドライで擦ってしまっているといった、スキンケア以外の影響も考えられます。
頬ニキビ
頬ニキビの原因は、乾燥やホルモンバランスの乱れ、またストレスから来るものが主な原因と言われています。そんなニキビの原因の一つ、原因菌のケア、乾燥対策をしっかりとサポートしてくれるおすすめのスキンケア化粧品をご紹介します。
あごニキビ
あごニキビの原因はメイク落としの仕方や、髭剃り等の外的要因と、もうひとつ、ホルモンの関係性があげられます。スキンケアはもちろん、生活習慣を見直すことも大切です。
こめかみニキビ
こめかみニキビの原因は、ホルモンバランスの乱れや、生活バランスの乱れが主な原因です。また、洗顔や、シャンプーの際にしっかり洗い流せているかも原因へつながるので注意が必要です。
眉間のニキビ
眉間のニキビの原因は、毛穴の多さと皮脂の分泌量です。眉間はTゾーンと呼ばれる部分でもあり、皮脂が多く肌が凸凹しやすい部分です。そのため、洗顔による予防法をきっちり行うことが大切です。
髪の生え際のニキビ
生え際にできるニキビの原因はシャンプーの洗い残しが原因としてあげられます。解消法として、今使っているシャンプーを見直すことや洗い方が大切です。ニキビケアで洗顔料にこだわるように頭皮にもシャンプーにこだわる必要があります。
ほっぺにできたニキビ
ほっぺたにできるニキビの原因は生活習慣や食生活、そして乾燥による原因があります。そのため、お肌のお手入れと共に、食生活と生活習慣の見直しも大切です。
フェイスラインニキビ
フェイスラインニキビの原因は、乾燥のしやすさです。皮脂が出やすいTゾーンとは逆にフェイスライン(Uゾーン)は乾燥しやすく、潤い不足によりニキビができやすくなります。そのため、化粧水などで十分な保湿ケアを行うことが大切です。